ビブリア古書堂の事件手帖 5 読破

今回も一気に読破しました。

本屋さんでこの本を見つけた時はちょうど「ダンタリアンの書架」がアニメ化していた頃なので「なんでいあの系統の似たような本を絵で釣ってるな。つまんなそう」と敬遠していたが。なぜか気になるこの本。「古書の事件手帖」。読書が好きな人ならどうしても気になるタイトル。

騙されたと思って読んでみるかと読み始めると、ストーリーも伏線もキャラクターもいい!!気づいたら出てるやつ全部買ってました。いやいや、面白い。

5巻でやっとビブリアというのが「聖書」だと知りました。ダンタリアンの書架の「ビブリオール」とは全然関係ないんですね。

いやね。なかなか読ませるしキャラクターの距離感が好きだわこれ。恋愛模様もデレデレし過ぎずいい感じの距離感が好きな感じだ。

今回はまた1巻の謎をさらに深くついてくるストーリー。あの本がまた出てくるのね、というかここまで伏線用意してたの?もしこの本1巻が売れずにシリーズ化しなかったらこの話どうしてたの?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。